吉見町,毘沙門堂

金蔵院,毘沙門堂の概略

大串山、金蔵院は,吉見町南部、大串地区に建立されているお寺で、本尊には、「行基」作、といわれる「毘沙門天」の立像が奉られており、地元では「毘沙門さま」と呼ばれ、古くから親しまれています。もともと、このお寺は、七堂伽藍が備わった立派な堂宇を有していたとされ、源平の時代、宇治川の合戦の際に、大きな武功を立てた、武蔵「七党」の1つ、横山党に属する武将、大串次郎重親が、あつく信仰し、建立したと伝えられています。 さて、このお寺には、宝篋印塔、といわれる石塔が2つ建てられています。 その1つは山門の左側、もう一つは毘沙門堂の西方、70メートルの畑の中にあり、それぞれ「応安六年(1373年)」、永和二年(1376年)の銘が刻まれています。 2基の石塔は、一部に欠損箇所があるものの、保存状態は良好で、県内でも珍しい、二重式・宝篋印塔、として、埼玉県の指定史跡に登録されています。 特に永和二年の銘が刻まれた石塔は、大串次郎重親の墓と伝えられ、平成11年の保存・修理の際に、人骨が納められた、13世紀初頭の、中国産、白磁耳壺や、12世紀後半の、愛知県、渥美産の大甕が出土したことで、大きく注目を集めた史跡です。 さらに毎年2月13日は「毘沙門様の縁日」に当たり、境内には、大小、さまざまな達磨が、所狭しと並べられる、福達磨市が開かれます。 この日は財宝を掌る、「毘沙門天」にあやかり、商売繁盛や合格祈願、「家内」安全などの御祈願のため、福達磨を買い求める人で賑わう、吉見町、冬の風物詩として親しまれています。  奇しくも、この季節は、吉見町特産の、「いちご」のシーズンでもあります。  イチゴ狩りを楽しんだ後、ちょっと、この達磨市に寄ってみるのも一計です。

音声ガイド

アクセスマップ

※ iphone、ipad以外のAndroid4.0.4以前のスマートフォン、タブレット端末で当サイトをご覧いただく方は、"Google chrome","Firefox"等のブラウザーをお使いください。全機種を確認できませんが、上記ブラウザーでの動作を数機種のスマートフォン、タブレット端末で確認しました。また機種よっては例外のある可能性がありますことをご了承ください。
※ ブラウザーのインストールは、ブラウザー インストールのページを参照ください。