吉見町,ポンポン山

ポンポン山の概略

吉見町田甲の高負彦根(たかおひこね)神社の境内裏には、見晴らしのよい岩山があります。この山の中腹に登って足を踏み鳴らすと、ポンポンといい音がします。  そこには、こんな言い伝えが残っています。  その昔、ある長者が財宝の隠し場所を捜していました。長者はある日、高負彦根神社に詣で、「いちばんいい財宝の隠し場所を教えてください」とお伺いをたてました。すると神様のお告げがあり、「この岩山に埋めろ。私が守ってやろう」というものでした。そこで長者は大変安心して、財宝をこの山に埋めたそうです。それからしばらくして、長者の隠した財宝を盗もうと盗人が山に入り込みました。すると突然、山がポンポンと山鳴りを起こしたので、盗人は恐れおののき、震えながら山をおりました。それ以降だれも、財宝を盗み出しに行くものはいなかったということです。このようにして財宝は永い間、安全に埋まっていたということですが、あまりにも古い話なので、その後の財宝の行方は、近在の人たちの間でも知る者はいなくなったということです。  今では、こうした話の名残として、岩山はポンポン山と呼ばれており、山には神霊がいるといわれています。

音声ガイド

アクセスマップ

※ iphone、ipad以外のAndroid4.0.4以前のスマートフォン、タブレット端末で当サイトをご覧いただく方は、"Google chrome","Firefox"等のブラウザーをお使いください。全機種を確認できませんが、上記ブラウザーでの動作を数機種のスマートフォン、タブレット端末で確認しました。また機種よっては例外のある可能性がありますことをご了承ください。
※ ブラウザーのインストールは、ブラウザー インストールのページを参照ください。